出産が終わり一安心、しかし、体型が戻らない、疲れが取れない、O脚になってしまったなど、産後は様々な体のトラブルが発生します。
できれば、出産前の体に戻りたい!産後の体型はどうやってケアすればいいの?
そのような産後の体型にお悩みをお持ちの方におすすめのストレッチをご紹介します。

□原因

まず、産後の体型トラブルの原因として、骨盤のゆがみが挙げられます。
産後は、骨盤が前傾し歪んでいます。それにより、多くの方がお悩みの腰痛や仙骨痛が起こる可能性が高くなっています。
また、肌荒れやイライラといったことも、産後のホルモンバランスの乱れで引き起こされていることがあります。
これらのことも含め、産後の体には通常の約3倍の負担がかかっているといわれています。

□ストレッチ

今回ご紹介するストレッチは自宅で簡単に行っていただけるので、是非試してみてください。
実際に試される際は、床にマットなどの柔らかいものを敷いて行いましょう。
また、帝王切開された方は最低1か月は体を休め、傷を治してから行ってください。

*血流促進ストレッチ

このストレッチをすることで、妊娠中、おなかに圧迫され流れの悪くなった下半身の血流が促進されます。
また、血流をよくすることで、むくみの予防にもつながります。
こちらのストレッチは、5つのステップに沿って行ってください。
まず初めに、床に体全体が付くように上を向いて寝ます。
次に、足首を片方ずつ、上下に10回ずつ伸ばします。
最後に、両足を同時に10回行い終了です。

*恥骨調整ストレッチ

出産のときに分泌される、「リラキシン」というホルモンによって、骨が溶かされ、恥骨結合部に開きができます。
それにより骨盤が開き、腰痛などの原因となっています。
恥骨調整ストレッチで、元に戻していきましょう。
初めに、手のひらを上に、両手を広げ、足を曲げて仰向けに寝ます。
次に、10秒かけて、足を左右に倒します。
このストレッチは以上です。
もし、倒しにくい方向があれば、骨盤にゆがみが生じています。

*姿勢を治すストレッチ

ストレッチの最後は肩こりの予防にもなる姿勢を治すストレッチです。
初めに、おなかに手を置き、足を曲げ上向きに寝ます。
次に、おへそを見るイメージで、5秒間首を上げてキープします。
これを5回繰り返します。
以上でストレッチは終わりになります。

□まとめ

産後は様々な、体型の変化が現れます。
元の体に戻すことは簡単ではありませんが、ご紹介したストレッチをすることで、体のトラブルの改善や予防に加え、少しずつ元の体に戻すことが可能です。
当社では、産後お悩みの方に、骨盤矯正をおすすめしています。
子育てを、元気に楽しくするためにも、当社で産後の体型ケアをしてみませんか?