「鍼灸師の資格を取ったけど、全然活かせていない。」
こんなお悩みをお持ちの方はいませんか。
鍼灸師の資格を持っている方であれば、一度は転職を考えたことがあるかもしれません。
しかし、鍼灸師のキャリアや転職状況が分からなければ怖くて足を踏み出せないですよね。
今日は、鍼灸師のキャリアと鍼灸院で働くメリットについてお話しします。

 

□鍼灸師とは

鍼灸師とは、厚生労働省によって認められたはり師ときゅう師の国家資格を持っている人を指します。
この二つは別々の資格ですが、養成学校で鍼灸師を目指すと両方取得することになります。
年に一度国家試験が行われますが、その試験に合格するためには学校に通う必要があり、その内容も医療概論や臨床医学各論などと難しく、容易に取得できる資格ではありません。
最近では健康ブームが続いていて、鍼灸治療への期待も高まりつつあります。
鍼灸治療は身体の機能を改善する技術なので、スポーツをしている方や妊娠されている方、高齢者の方にも鍼灸は効果的です。
鍼灸師になるのは簡単ではありませんが、やりがいがある仕事だと思います。

 

□鍼灸師のキャリア

鍼灸師として成功するためにはやはり技術が必要です。
最近ではスポーツトレーナーのほとんどが柔道整復師か鍼灸師の資格を取得しています。
キャリアとしては、鍼灸治療だけではなくマッサージなどの治療技術を共に行う方が一般的です。
また、エステサロンで美容鍼灸、介護施設でリハビリスタッフというようにマルチな働き方ができます。
もし、鍼灸師として働くことを考えておられるのであれば自分がどのような形で治療を行いたいか、鍼灸以外に何を活かせるかを考えてみましょう。
最終的には、ご自分で開業されることも考えてみてもいいかもしれません。

 

□鍼灸師の転職状況、メリット

上記のように、鍼灸師は様々な働き方ができるのが魅力です。
転職状況としても、鍼灸だけよりもスポーツ、介護、美容などのプラスアルファの職業としてのニーズが高いようです。
転職先としても勉強できる幅が広がるのでおすすめです。
しかし、自分で開業を考えている場合は経営面の勉強も行う必要があります。
独立のメリットとしては、収入が増える可能性が高い、自分のやりたいことを実現できるという点があります。

 

□最後に

今日は、鍼灸師のキャリアと鍼灸院で働くメリットについてお話しさせていただきました。
鍼灸師の資格を持っていて転職を考えている方は是非今回の内容を参考にしてみてください。