「現在鍼灸師として働いているけど、新たな環境で仕事がしたい!」
「鍼灸師の転職って可能なの?」
鍼灸師の転職について疑問がある方も多いのではないでしょうか。
そこでそんなお悩みをお持ちの方に、鍼灸師は転職が可能なのか、どういった転職が考えられるのかについてお伝えします。

□鍼灸師

鍼灸師は、鍼師と灸師の国家資格を両方持った方を指します。
最近、鍼灸は福祉業界、スポーツ業界の分野から注目を受けつつあり、妊活などでも活用されています。

□鍼灸師の転職は可能か

結論から言いますと、可能です。
鍼灸師専門の転職サイトもあり、鍼灸師の転職の門は広く開かれています。
しかし、鍼灸師のみで募集をしているところは少ないです。
多くは、「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」といった他の国家資格も持っている方を募集しているため、鍼灸師に加えて他の国家資格を持っている方の転職は非常に有利となっています。

□どういった転職が考えられるのか

多くの鍼灸師は病院や鍼灸接骨院に勤務しています。
そのため、転職といっても別の医療機関に転職するだけと思われる方も多いのではないのでしょうか。
しかし、鍼灸師の資格を生かして活躍できる場所は、医療機関だけではありません。
鍼灸師の資格を生かせる就職先を簡単に紹介します。

*鍼灸院、鍼灸接骨院、治療院

一般的なのは、やはり他の医療機関に転職をすることです。
鍼灸師として仕事を続けたいけど、今の職場の給料や職場環境に不満がある場合はこちらの転職方法がおすすめです。

*美容鍼灸、エステサロン

近年、鍼灸の美容効果が女性たちの間で話題になっており、エステサロンなどでも鍼灸師の活躍の場があります。
女性のキレイをお手伝いすることができるので、おすすめの転職先です。
エステサロンなど美容系の場所では、美容鍼灸師として勤務します。

*スポーツ業界

スポーツ業界でも、鍼灸師の資格を生かすことができます。
個人やチームで活躍するスポーツ選手の体調状態を整え、ケガを予防します。
鍼灸師の国家資格に加え、スポーツ医学の知識があることが求められます。

*研究者、教育者

鍼灸は歴史のある東洋医学です。
そのため、研究機関で鍼灸の医学について研究する研究者になることができます。
職場としては、鍼灸の研究を行っている研究機関や、研究を行いながら大学に勤務するなどがあります。
鍼灸についての深く幅広い知識と博士号が必要になります。

□まとめ

鍼灸師の転職は可能で、活躍できる場所も多くあります。
ご紹介した中に興味のある分野がありましたら、鍼灸師専門の転職サイトを使って、分野を絞って検索することをおすすめします。
当店は、鍼灸師の募集もしております。
充実したキャリアアップ制度と教育制度、福利厚生で鍼灸師として働いていただくことができます。
鍼灸師として転職を希望されている方は、ぜひ当店を転職先の候補としてご検討ください。