「現在鍼灸師として活躍しているけど、そろそろ転職したい!」
「でも、鍼灸師の経験を生かせる転職先がわからない!」
そんな方におすすめしたい、鍼灸師の経験を生かせる新たな職場を業界ごとでご紹介します。

□鍼灸師

鍼灸師とは、鍼師と灸師の国家資格を両方持つ方のことを指します。
現在、鍼灸師の人口は減っていて、施術所の数は増えています。
こうした状況から、鍼灸師の需要は高まっています。
また、最近では医療業界に加え、スポーツ業界、美容業界、福祉業界でも鍼灸治療の効果が注目され、ますます鍼灸師の需要が増えると予想されます。
薬を使わないことから、安全、安心に治療を受けられると多くの人が鍼灸治療を望んでいます。

□医療

東洋医学の鍼灸は、鍼灸師の職場として多くの方がイメージされる整骨院のみならず、様々な医療機関で鍼灸師が求められています。

*鍼灸院、鍼灸整骨院

鍼灸師の多くが鍼灸院や鍼灸整骨院で働いています。
仕事内容は、患者さんに鍼や灸を使って施術を行います。
鍼のみや灸のみを行っている院や、両方を行っている院があり、就職先の院によって仕事内容が異なる場合があります。

*病院、クリニック

病院やクリニックの中には、漢方内科が設置されているところもあり、そういった病院やクリニックでは、鍼灸院などと同様の仕事を行います。
しかし、多くの病院やクリニックは西洋医学系なので病院やクリニックでの就職は狭き門といえます。

□スポーツ

スポーツ業界でも鍼灸師が活躍できる場所があります。
個人やチームに所属しているスポーツ選手に対し、トレーニングの指導を行うスポーツトレーナーは、鍼灸師の資格を持っていると優遇される場合があります。
スポーツ選手は、薬などを使いドーピング検査に引っかかってしまうことを避けるため、ケガの予防や痛みを緩和するために鍼灸治療を行います。
しかし、スポーツトレーナーになるには鍼灸師の資格の他に、柔道整復師やスポーツに関しての知識が求められます。

□美容

最近では、顔のしわの改善やリフトアップ、ダイエット効果を目的に女優やモデルが美容鍼灸を行っており、若い世代からも鍼灸が注目されています。
美容専門の鍼灸サロンも増えており、今後、女性鍼灸師の需要も高まります。

□福祉

福祉業界では、鍼灸師は訪問鍼灸師として活躍することができます。
介護施設に訪問し治療を行い、家から出ることの難しい体が不自由な患者さんには、患者さんの家に直接訪問し治療を行います。

□まとめ

鍼灸師はその技術を生かし、様々な業界で活躍することができます。
当店では、鍼灸師を募集しております。
充実したキャリアアップ制度や福利厚生で働きやすい環境があります。
現在鍼灸師として活躍されていて、転職を考えられている方は、当店を転職先に選んでみませんか。