現在、鍼灸師として働いていて、転職をお考えの方はいらっしゃいませんか?
鍼灸師が働ける場所は鍼灸院だけではありません。
整骨院や病院など、働ける場所は数多くあります。
その中でも、整骨院へ転職される方が多くいらっしゃいます。
そこで今回は、鍼灸師が整骨院へ転職する時の選び方のポイントを解説します。

□鍼灸院と整骨院の違い

整骨院と鍼灸院では、資格やメインのお仕事の内容が異なります。

*整骨院

整骨院では、主に柔道整復師の国家資格を持った方がお仕事をします。
患者さんの身体の異常がある部位を手で揉んで矯正したり、電気施術したりすることがお仕事です。
捻挫や骨折、打撲などのケガに対して保険を扱った処置が認められています。

*鍼灸院

鍼灸院では、主に鍼師や灸師の国家資格を持った方がお仕事をします。
患者さんのツボを鍼や灸で刺激し、自然治癒力を高めることがお仕事です。
腰の痛みや肩こり、神経痛などの症状に保険を適用できます。

このように、整骨院と鍼灸院でメインの仕事が異なります。
そのため、整骨院へ転職する時は柔道整復師の資格を持っているか、その整骨院で鍼や灸での施術をしているか、どちらかを満たす必要があります。

□鍼灸師が転職する時に失敗しない整骨院の選び方

転職先の整骨院の選び方のポイントが3つあります。

*実績や信頼度が高い

整骨院を選ぶときは、今までの実績や地域の信頼度を必ず調べましょう。
今までの実績が分からないと、具体的にどんなお仕事をするのか分かりません。
また、地域の信頼がないと、その整骨院はこれから成長していけません。

*鍼灸師の資格を活かせる

今まで鍼灸師として働いてきたので、その経験を活かせる整骨院を選びましょう。
経験を活かせれば、転職先でとても重宝されます。

*転職者でもキャリアアップできる

転職者でもキャリアアップできる仕組みが整っている整骨院を選びましょう。
仕組みが整っていれば、仕事をしやすくなります。
また、施術や問診のレベルをもっと上げていけるでしょう。

□まとめ

ここまで、鍼灸師が整骨院へ転職する時の選び方のポイントを解説しました。
鍼灸師のお仕事の幅はこれからもっと広がると言われています。
そのため、転職して活躍の場を広げるなら今がチャンスかもしれません。
当社は整骨院と鍼灸院の2つの事業を行っています。
また、地域イベントやトレーナー活動も行っており、患者さんの健康を日々サポートし続けています。
転職して大きくキャリアアップされている方も数多くいらっしゃいます。
転職をお考えの鍼灸師の方はぜひ当社にご応募ください。