柔道整復師として働かれている方の中には、今の接骨院や整骨院をやめて、違う働き方をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
柔道整復師としてスポーツ業界で働くのも1つの選択肢ですが、スポーツ業界で活躍できるのか気になりますよね。
そこで今回は、柔道整復師がどのようにスポーツ業界で活躍できるのかについてご紹介します。

□活躍の場の広がり

これまで柔道整復師と言えば、接骨院や整骨院で患者さんに治療を施す仕事というイメージが強かったのではないでしょうか。
しかし、近年柔道整復師の活躍の場は広がり、スポーツトレーナーとして、活躍する柔道整復師が急増しています。
サッカー日本代表の長友選手のパーソナルトレーナーとしても有名な木場克己さんも柔道整復師の資格を持っています。
スポーツ業界でも、柔道整復師という立場から専門的なスキルを活かして、選手を支えるトレーナーとして活躍できるのです。

□スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーはコーチやドクターと連携しながら、スポーツ選手が最善の状態で競技に臨めるように体づくりや健康管理のサポートを行う職業です。
競技前に予防治療を施したり、怪我をした際に応急処置をしたりすることも仕事内容の1つです。
一般的に、国家資格がないと選手に直接治療を施すことはできませんが、柔道整復師の資格があることで医療行為を施せるというのが、柔道整復師の大きな強みとなっています。

□スポーツトレーナーになるには

まず、前提としてスポーツトレーナーになるための資格はありません。
しかしながら、スポーツトレーナーとして活躍されている方の多くは「柔道整復師」をはじめとして、「鍼灸師」や「理学療法士」などの資格を複数保有しています。
その上で、スポーツトレーナーになるにはそれぞれのスポーツに対する専門性が必要です。
スポーツによって、使われる筋肉が大きく異なります。
選手のパーソナルトレーナーとなる場合は、その競技の特性を熟知した上で、最適なサポートを行わなければなりません。
そのため、場合によっては、専門的なスポーツ医学を深く学び、知見を深める方もいます。

□まとめ

今回は柔道整復師がどのようにスポーツ業界で活躍するかについてご紹介しました。
近年、柔道整復師の活躍の場はスポーツ業界に広がっています。
スポーツトレーナーになるには、競技の特性について理解を深め、個々に合ったサポートを追求する必要があります。
柔道整復師として転職を考えている方は、1つの選択肢として、スポーツ業界への転職を考えてみてはいかがでしょうか。