「現在柔道整復師として働いているけれど、転職を考えるようになってきた。」
「でも、せっかくとった国家資格の柔道整復師、この資格を生かして転職できないの?」
「もし可能なら職場を教えて!」
これらのお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
今回は、柔道整復師の資格を生かして転職できるおすすめの転職先をご紹介します!

□整骨院、接骨院

現在整骨院や接骨院で働いていて、職場の環境や給料に不満がある方は、他の整骨院への転職を考えてみてください。
院によって給料体制や、福利厚生などが異なるので、今の仕事は続けたいけど、今の職場に不満があるという方におすすめです。

□整形外科

整骨院や接骨院と仕事内容が大きく異なります。
施術がメインの接骨院や整骨院ですが、整形外科は医者や理学療法士のサポートやリハビリをしている患者さんへの指導がメインのお仕事となります。
診察受付時間が決められているため、残業時間が抑えることができます。
また、医療機関であることから安定した給料とボーナスを得ることができます。
整骨院や接骨院からのキャリアアップとして整形外科に転職される方が多いです。
整形外科でより幅広い年齢層の患者さんを担当し、経験を積んだ後に整骨院を開業されるといった流れも多いようです。

□スポーツ業界

スポーツ業界にも様々な活躍の場が広がっています。

*専属のトレーナー

柔道整復師は個人のスポーツ選手に付くことやスポーツチーム専属のトレーナーになることができます。
仕事内容としては、健康管理とトレーニング指導がメインとなります。
健康管理では、次の試合に備えて選手たちと目標を定めます。
また選手の栄養管理にも、栄養士とともに選手の身体に必要な栄養素を考え、計画表の制作やアドバイスを行います。
トレーニング指導では、選手のトレーニングのサポートはもちろん、メニューの作成も行います。
さらに、選手にマッサージを行い、ケガをしてしまった時には応急処置も行います。

*スポーツ関連施設

フィットネスジムも柔道整復師が活躍できる場となっています。
健康やダイエットを目的にジムに通う人たちにとっては、専門的な知識を持つ柔道整復師からのアドバイスがとても心強いものとなっています。

□福祉業界

高齢化が進む日本では福祉の現場でも柔道整復師が求められています。
老人ホームやデイサービスの施設では機能訓練指導員として働いてくれる柔道整復師を求めています。
こういった施設の運営には、各施設一名以上の機能訓練指導員が必要です。
そのため多くの施設が柔道整復師の資格を持つ方の募集をしています。
仕事としては、日常生活で健康の面で支障をきたしている方に、リハビリや体の機能回復訓練を行います。
人とのコミュニケーションが好きという方におすすすめの職場です。

□まとめ

柔道整体師は、様々な分野で資格を生かして働くことが可能な職場が多くあります。
資格は同じですが、仕事内容は大きく異なるので、自分のやりたいことや適性を見極めて転職をすることをおすすめします。
当院には柔道整復師の資格をお持ちの方に充実したキャリアアップ制度と福利厚生で働いていただける環境があります。
転職を考えている方は、ぜひ当社を転職先の候補の一つにご検討ください。