柔道整復師として働いている方で、整形外科への転職をお考えの方もいらっしゃると思います。
整形外科に転職すると、どのような働き方や仕事内容になるのでしょうか。
今回の記事では、整形外科での柔道整復師の働き方や仕事の役割についてお伝えします。

□整形外科での働き方の特徴

*医師や理学療法士のサポートをする

整形外科では初期の医療行為を行うのは医師(整形外科医)です。
柔道整復師は医師や理学療法士の指示を受け、その後の施術(リハビリ)や電気治療等のサポートを行います。
また「みなしPT」という資格を取得した場合は理学療法士と同じような幅広い仕事を任されることもあります。

*整形外科医と柔道整復師の違いとは

整形外科医は患者に対して投薬、手術、レントゲン撮影を行うことができます。
柔道整復師はそれらを行えない制約があり、外科のような手術ではなく、人が本来持っている治癒力を利用した日本古来の施術をします。

*ワークライフバランスがとりやすい

整形外科では福利厚生が整っている場合が多く、安定したワークライフバランスがとりやすいと言われています。

□柔道整復師の仕事の役割

柔道整復師は外科のような手術ではなく、人が本来持っている治癒力を利用した日本古来の施術をします。
つまり柔道整復師の役割とは、手術をせずに施術を行い患者様の健康のサポートをすることです。
整形外科で勤務する柔道整体師の役割とは医師や理学療法士のサポートで、主にリハビリ業務が大半を占めます。
また他にも医師の診察の補助、リハビリ計画書の作成、受付業務、症例報告会等も行います。
医師等とのコミュニケーションが必須であり、治療に関して専門的な知識が身につくことが魅力的です。

*医者の整復業務のサポート
*リハビリの指導
*外傷処置

□まとめ

整形外科における柔道整復師の働き方や役割、仕事についてお伝えしました。
ただし、今回ご紹介した働き方・仕事内容は整形外科によって変わる場合があるのでご注意ください。
整形外科で働く柔道整体師は主に医師や理学療法士のサポート業務(リハビリ業務)を行っています。

ほねごりグループは2018年に整形外科を開業し、接骨院、鍼灸院、病院、リラクゼーションの運営をする、急成長中の会社です。
柔道整復師の資格保有者の求人を行っており、手当や福利厚生、研修制度を整えています。
安定した勤務先への転職をお考えの方、治療家としてのスキルアップ・キャリアアップをめざす方にはぴったりの転職先です。
ご関心のある方はぜひ一度当社の採用ホームページをご覧ください。