「柔道整復師の仕事に興味があるため仕事がどれくらいきついのか知りたい」
「柔道整復師がよく抱える悩みについて知っておきたい」
柔道整復師として働きたいと考えている方の中には、このような考えをお持ちの方もいると思います。
そのような方々に向けて、今回は柔道整復師がよく抱える悩みについてご紹介します。

□様々な悩み

*技術面

柔道整復師は手術や投薬などは用いず、自分の手によって施術を行います。
そのため、患者様の状況に適した施術をできるのかと不安に感じる人が多いです。
たくさんの知識を頭に入れても、実際に自分が担当したことのない患者様が来た場合に、柔軟な対応ができなくなってしまうこともあります。
このような不安がある方は、日々の勉強を真面目にして、何事にも前向きに取り組むようにしましょう。
専門知識を身につけるだけでなく、実際の経験を積むことで自信がつき、臨機応変な対応ができるようになります。

*拘束時間

整骨院などで働く場合、営業時間の後も、事務作業やカルテの整理、掃除などの業務で帰る時間が遅くなることがあります。
また、多くの施術院は早朝から診察をしているため、拘束時間はとても長くなってしまいます。
拘束時間が長いために、体力の限界を感じて柔道整復師を辞めてしまう方も少なくありません。
自分の体力を見極めて、より良い労働環境の施術院で働くことで、無理なく長期間働けます。

*人間関係

自分の腕が試される柔道整復師には、自分の技術を他の人に教えたくないという思いから助け合いを嫌うような人もいます。
一人で技術を追求したいという人は良いかもしれませんが、多くの人は職場内の雰囲気が良くあって欲しいと思うのではないでしょうか。
人間関係の問題はどこに行っても直面することなので、自分に合った職場を選びましょう。

□まとめ

今回は柔道整復師がよく抱える悩みについてお伝えしました。
柔道整復師は自分の技術が求められる職業であるためそれをプレッシャーに感じる人も多いですが、最初は誰でも不安なものだと理解し、自分の仕事に真摯に取り組み、自身をつけましょう。
当社は人体を知り尽くし、治療に関するエキスパートである柔道整復師と鍼灸師の2つの職種を募集しております。
目の前の患者様を少しでも良くしてあげたい、スタッフと切磋琢磨し成長したい、もっと学びたい、といった熱意と意欲のある方を歓迎します。
柔道整復師や鍼灸師の方で転職をお考えの方は、キャリアの選択肢の一つとして、ぜひ一度当社をご検討ください。