柔道整復師になろうか迷っている。
柔道整復師のやりがいがなにか分からない。
柔道整復師のやりがいが何なのか知りたい。
こんなことをお考えの方は、今回の記事を読むことをオススメします。
今回は、柔道整復師のやりがいについてご紹介していきます。

□やりがいがある仕事柔道整復師

柔道整復師は、とてもやりがいのある素晴らしい仕事です。
今回は柔道整復師のやりがいについて、いくつかのポイントを挙げながら説明していきます。

*人のためになる仕事

柔道整復師の一番のやりがいは、人のためになる部分だと言っていいでしょう。
柔道整復師は、体に異変を感じている方や、怪我をしている方を治療します。
人が困っているところを常に寄り添い、助けていくということは、とてもやりがいのある仕事であると言えます。
また、治療する人もさまざまです。
ある方は、スポーツをしていて体を酷使している学生、またある方は最近体に異変を感じ始めた高齢者の方など、たくさんの方と触れ合いながら仕事をしていくことができるでしょう。

*患者との絆ができる

先ほど説明した通り、柔道整復師はたくさんの方と関わることができます。
またさらに、基本的に治療は短期のものではなく、長期に渡って行うことが多いため、長い期間を経て患者と柔道整復師との信頼関係が構築されます。
柔道整復師になれば、患者から信頼され、その信頼が喜びとなるのです。

*地元密着型の接骨院

柔道整復師の仕事場は、接骨院や病院、福祉施設と多くの種類がありますが、今回は接骨院での仕事のやりがいについてご紹介します。
接骨院は、完全に地元密着型の院になることが多いです。
治療に来る人は、接骨院の近所の方がほとんどを占めています。
また、患者の多くが長期的な治療を要す疾患を抱えている方が多く、その分柔道整復師が関わる時間は長くなっていきます。
また、地元に密着しているので、患者との距離も自然と近くなっていきます。
長く診てきた患者に、「治療のおかげで体調が良くなった」や「慢性的な症状が良くなって毎日が楽になった」など、感謝の声を聞くと、柔道整復師の大きな喜びに繋がります。

□まとめ

以上、柔道整復師のやりがいについてご紹介しました。
柔道整復師のやりがいが何なのか分かっていただけたと思います。
今回の記事を参考に、治療家になるという選択肢について検討してみてください。
また、当社は人々を健康に幸せにする為に、患者様に最善の提案をしています。
治療家になろうと思っている、または当社の理念に共感したという方は、是非お問い合わせください。