柔道整復師に転職しようと思っている方。
転職の際の志望動機の書き方に困っている方。
いざ志望動機を書こうとしても、どんなことを書けばいいのか困る方が多いと思います。
柔道整復師の資格は夜間でも取ることができます。
資格を取ったあと、良い志望動機を書いて納得の転職をしましょう。
ポイントをおさえるだけであなたの志望動機書は格段に良くなります。
今回はその柔道整復師に転職する際の志望動機の書き方についてご紹介していきます。

□良い志望動機を書くために

転職の際の志望動機は、なにが重要とされるかイメージがつかない部分が多いと思います。
今回はそんな柔道整復師の転職の際の志望動機の書き方を説明していきます。

*わかりやすい文章を書く

まず、気をつけなければならないことは、わかりやすい文章を書くことです。
当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、意外とできていない部分です。
自分の言いたい内容や、今までの経緯等を、きちんと論理的に書けているかチェックしながら書くようにしましょう。

*自分のしたいことと、どれだけ合っているかを書く

志望動機に書いてある自分のしたいことと、仕事内容が違うものであったら意味がありません。
自分のビジョンと選んだ職場に、関連性があるかを気にしながら書くようにしましょう。
今までの経歴で柔道整復師になりたいと思ったきっかけなどあれば、それも盛り込むと厚みのある志望動機になります。

*どれだけ自己PRできるか

どれだけ自己PRできるかが、採用に関わる一番の要素と言えます。
きちんと自分の強みをわかりやすくまとめて書きましょう。
柔道整復師としての技術をアピールするのもいいですが、人としての強みや、職場に入った時にどれだけいい役割を果たせるかをアピールしましょう。

*最後は熱意!

ここまで具体的な書き方を説明してきました。
しかし、最終的にはどれだけ転職に熱意を持っているかで決まります。
なぜ柔道整復師になろうと思ったのか。
なぜその会社を選んだのかを、よく自問自答して考えてみてください。
わかりやすい文章も大事ですが、熱意のこもった熱い文章は必ず面接官にも伝わります。

□まとめ

以上、柔道整復師の転職の際の志望動機の書き方についてご紹介しました。
何を書けば良いのか分からなかった志望動機も、いくつかのポイントが分かっていただけたと思います。
今回の記事を参考に、治療家になるという選択肢について検討してみてください。
また、当社は人々を健康に幸せにする為に、患者様に最善の提案をしています。
治療家になろうと思っている、または当社の理念に共感したという方は、ぜひお問い合わせください。