柔道整復師は、これから需要が増えていく職業であると言われています。
柔道整復師を目指したいけど、どんな人が向いているのだろう?
自分は柔道整復師に向いているのかな?
こんな疑問をお持ちの方のために、今回は柔道整復師に向いているスキルや性格をご紹介いたします。

□柔道整復師に求められるスキル

*観察力

柔道整復師の仕事は、お客さんに症状を聞いて治療箇所を判断するだけではありません。
お客さんの動きのぎこちなさや表情などから、どこの調子が悪いのか判断することも大切です。
そのため、他人を観察して特徴を捉える「観察力」は、柔道整復師に求められるスキルであると言えます。

*コミュニケーション力

施術に来たお客さんは、何かしらのお悩みを抱えながら病院にいらっしゃいます。
大きな不安を抱えている方もいらっしゃいます。
そのようなお客様には、まずリラックスしていただかなくてはなりません。
そして、落ち着いて症状を話してもらい、治療を受けてもらうことが大切です。
また、年齢による症状の場合、原因を伝える際に、患者さんのプライドを傷つけないように注意しなければなりません。
こういった点においては、コミュニケーション能力も柔道整復師に必要なスキルです。

*想像力

例えば、サラリーマンの男性と専業主婦の女性では、日々の体の使い方が異なります。
すると、当然よく使う筋肉も違いますし、不調が出る箇所も違うわけです。
そういった場合に、患者さんの話を聞いて行動を観察する中で、その患者さんのどういった行動や生活が、症状の原因なのか突き止める必要があります。
このように創造力を働かせることも、実は柔道整復師に必要なスキルです。

□柔道整復師に向いている人とは

上のようなスキルを踏まえると、柔道整復師に向いている人はこのような人です。

*人の笑顔が見られる仕事がしたい人

柔道整復師は、人と接する機会がとても多い職業です。
さらに、患者さんはそれぞれのお悩みを抱えています。
そういった患者さんに向き合い、お悩みの種を解決してあげることができれば、患者さんの心からの笑顔が見られるでしょう。

*スキルの上達に貪欲な人

施術のスキルや人間観察力などのスキルが上がっていけば、患者さんの満足度に直結します。
どんな仕事もスキルの上達は必須ですが、柔道整復師などは特にスキルが成果に直結する仕事です。
スキルアップに労力をかけることをいとわない人は、柔道整復師としてより活躍できるでしょう。

□まとめ

今回は、柔道整復師に向いている人についてご紹介いたしました。
自分のスキルがお客さんの笑顔に直結する仕事です。
ぜひ皆さんも、柔道整復師として活躍してみませんか?