子育てがひと段落して、新しい仕事を始めたい。
治療家を目指そうと思っている。
柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の違いが分からない。
柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の違いを教えて欲しい。
そんな方はこの記事を読むことをオススメします。
違いが分かりにくい、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師について、2つの特徴や資格を説明しながら、違いについて説明します。

□2つとも国家資格が必要

柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師は、両者とも国家試験が必要な職業です。
2つの仕事をするためには、数年間専門の学校で勉強し、国家試験に合格しなければなりません。
今回はそんな柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の違いについて、2つの特徴と、仕事に就くためになにが必要かということに触れながら説明していきます。

*柔道整復師とは

はじめに、柔道整復師とは脱臼や骨折などの症状に対し、手術や薬などの外科などではなく人間の治癒力を利用して治療します。
「ほねつぎ」「接骨師」と呼ばれることもあり、「整骨院」「接骨院」「整形外科」などに、就職することが多いです
しかし、「福祉分野」や「スポーツ分野」など、活躍できる分野も広いです。
キャリアを積んでいった後、開業も可能です。

*柔道整復師になるためには

柔道整復師になるためには、柔道整復師資格を取得する必要があります。
柔道整復師受験資格を得るためには、国が指定した学校か施設に通い卒業する必要があります。

*あん摩マッサージ指圧師とは

あん摩マッサージ指圧師とは、「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つの技法を使って、治療を行います。
基本的に器具を使わず、衣服の上からなでる、揉む、押す、叩く(あん摩)ことで血行を良くし、健康を促進します。
就職先としては、「治療院」「マッサージ店」「病院」「スポーツ分野」などがあります。

*あん摩マッサージ指圧師になるためには

あん摩マッサージ指圧師になるのも、あん摩マッサージ指圧師資格を取得する必要があります。
あん摩マッサージ指圧師資格の受験資格を得るために、学校が指定した専門学校に通い卒業する必要があります。
しかし、柔道整復師とは違い専門学校が全国で約20校しかない為、入学すること自体が難しいのが現状です。

□まとめ

以上、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の違いについてご紹介しました。
違いが分からなかった柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師も、違いの特徴や資格が何なのか分かっていただけたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、治療家になるという選択肢について検討してみてください。
また、当社は人々を健康に幸せにする為に、患者様に最善の提案をしています。
治療家になろうと思っている、または当社の理念に共感したという方は、是非お問い合わせください。