皆さんは、東洋医学といえば何をイメージされますか?
漢方薬や鍼灸治療を思い浮かべた方がいらっしゃるかもしれません。
最近では、健康志向の方を中心に、西洋医学の薬よりも東洋医学の治療の方が身体に良いのではないか、と考えている方が増えています。
また高齢化が進むにつれて、ますます漢方薬への関心が高まってきています。
そこで今回は、西洋医学と東洋医学の違いや、東洋医学がなぜ注目されているのか、についてお話しします。

 

□西洋医学と東洋医学の違い

ここでは西洋医学と東洋医学とを比較していきます。
それぞれに特徴があるため、どちらの医学が優れているというわけではありません。
次に、それぞれの医学にどのような特徴があるのかについて見ていきましょう。

 

*西洋医学

西洋医学とは簡単にいうと一般的に私たちが受けている医療を指します。
その名の通り、西洋で発展してきた医療のことで痛みや風邪などのような症状を一時的に抑える治療を行うことが多いです。
そのため、東洋医学とは違って即効性はありますが、あまり根本的な症状を治す治療というのはありません。

 

*東洋医学

東洋医学は、漢方、鍼や灸などを使って治療を行っていく医療のことを指します。
こちらは東洋で発展してきた考え方で、即効性はないものの、長い時間をかけて身体の痛みや症状の根本的な原因を改善していくものです。

 

□東洋医学の今後の可能性

東洋医学には、身体に不調が現れた時というのは身体全体のバランスが悪い時に起こるものである、という考え方があります。
そのため、身体の一部分を集中的に治療するというよりは身体全体の調子を整える治療を行います。
また、一人一人の体質によって治療方法が変わる場合もあります。
近年の健康志向の広がりや、日頃から身体のバランスを整えるように気を使う人の増加、薬による治療のみでは治らない病の増加、西洋医学の薬漬けによる治療による高齢者への負担など。
こうした様々な背景から東洋医学は注目されています。

 

□まとめ

今回は、西洋医学と東洋医学の違いやなぜ東洋医学が注目を集めているのか、ということについてご説明しました。
今後、東洋医学はさらに普及していくでしょう。
当社では、痛みを取り除くだけでなく、症状の根本的な原因を突き止めてどうしたら痛みや不調をきたさない身体を作るのかということを日々考えております。
今回の記事を読んで東洋医学について興味を持たれた方は、お気軽に当社までお問い合わせください。