「慢性的な腰痛にいつも悩まされている」
「ヘルニアの原因ってなんだろう?」
皆さまの中にヘルニアでお悩みの方いらっしゃいませんか?
ヘルニアは一度なってしまうとなかなか治らず、辛いですよね。
ヘルニアを治すためにも、原因を知ることは大事なことです。
そこで今回は、ヘルニアの原因について解説します!

 

□ヘルニアとは

ヘルニアとは、体の組織が正しい一からはみ出した状態のことをいいます。
腰痛で使われるヘルニアは、正式には椎間板ヘルニアといいます。
椎間板ヘルニアは、背骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨が変形し、その組織の一部がとびだす病気のことです。
この飛び出した軟骨の一部が周辺にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みをおよぼすのです。
腰痛に痛みを感じる症状は、「坐骨神経痛」といいます。

 

□ヘルニアの原因

ヘルニアの原因は、軟骨がもとある場所からはみ出て神経を圧迫することによりおこります。
ヘルニアの原因には、スポーツによる過度な運動、体の酷使や、姿勢の悪さがあげられます。
腰痛といえば、まず、最初にヘルニアを疑ってしまいがちです。
しかし、腰痛の原因の中で手術が必要な椎間板ヘルニアであると診断されるのは約5%といわれています。
腰痛の実に85パーセントは原因不明と言われており、手術の必要な病的ヘルニアは実は少数なのです。
そのため、ヘルニアは手術以外にも治す方法があるのです。

 

□ヘルニアの対処法

では、ヘルニアに一度なってしまったらどうすれば良いのでしょうか?
代表的な方法としては、「保存療法」というものがあげられます。
骨盤にベルトをひっかけて引っ張るけん引療法、幹部の緊張をとる温熱療法があります。
また、鍼灸やマッサージによって、痛みを緩和することができます。
まずは、病院に行き症状の原因はどこにあるのか見極めてから、適切な治療を受けましょう。

 

□ヘルニアの再発防止

ヘルニアは、治療した後も腰に過度な負担をかけると再発してしまいます。
日常生活や運動で腰に負担がなるべくかからないようにしましょう。
長時間にわたって同じ姿勢を取り続けないようにすることが重要です。
また、重たいものを持ち上げる際は、腰を伸ばしたままではなく、一度かがんで荷物を自分の方に引き寄せてから行うことにも気をつけてください。
筋トレやストレッチを行い、周りの筋力をきたえ柔軟にするという対策も挙げられます。

 

□まとめ

今回はヘルニアの原因についてご紹介しました。
ヘルニアの原因には様々あります。
ご自身の原因を見つけ、ぜひ、ご自分にあった治療を受けてくださいね!
また、当社はヘルニアを改善する施術を全国で行っています。
ヘルニアでお困りの方は、ぜひ一度ご気軽にご相談くださいね!