腰痛で悩まれている男性の方はいらっしゃいませんか。
平成28年の厚生労働省の国民生活基礎調査によると、腰痛は男性の中で一番訴えの多い症状です。
さらにその数は増加傾向にあり、男性にとっていかに腰痛が身近な症状かがわかります。
そんな腰痛ですが、起こる原因を知っておくことで、症状の改善につながるかもしれません。
そこで今回は、日常生活における男性の腰痛の原因として考えられることと、その解決法をご紹介していきます。

 

□男性の腰痛の原因として考えられることとその解決法

*加齢

年をとればとるほど、筋肉量が減り、また骨も弱くなるため、腰への負担が大きくなります。
また、一般的に男性は、女性と比べて筋肉量があるため、日常生活や仕事関係で重たいものを持つ機会が多いのではないでしょうか。
重たいものを持って、腰に負担をかけるような姿勢や動きをする機会が多ければ、腰痛を感じやすくなるかもしれません。
解決法として、腰痛を感じない時に適度な運動をして、背骨を支えるために腰やお腹の筋肉を鍛えてみてはいかがでしょうか。
カルシウムやタンパク質などの栄養素を積極的に摂取することで、丈夫な骨作りにもつながります。
また、重いものを持つ機会を減らすことも、方法の1つです。

*ストレス

ストレスも腰痛の原因になると言われています。
年をとるうちに、職場で責任感のある仕事を任される機会が増え、知らないうちにストレスを抱えてしまっているかもしれません。
また、家族の生活を支えるという、使命感からくる心理的ストレスも関係している可能性があります。
ストレスは、腰痛以外にも様々な症状を引き起こします。
運動をしてリフレッシュしたり、家族と出かけたり、誰かに相談することで、ストレスを解消するようにしましょう。

*デスクワークが多い

パソコンなど、デスクワークが多い方は、長時間同じ姿勢を続けることになります。
そうすると、腰の筋肉に負担を与え、血流が悪くなり、腰痛につながる可能性があります。
長時間同じ姿勢が続く場合は、定期的に立って軽く動き、緊張した筋肉をほぐすことがおすすめです。

*姿勢の悪さ

猫背や反り腰といった悪い姿勢が習慣づくと、重力の影響が均等に体に分散せず、腰に大きな負担がかかります。
日頃から意識して、正しい姿勢を保つことを習慣づけましょう。

 

□最後に

今回は、男性の腰痛の原因として考えられることとその解決法をご紹介しました。
この記事を参考に、自分に当てはまる原因があれば、ぜひ見直して症状の改善につなげていただけたら幸いです。