腰痛でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
「腰痛はよくある話だから」
と腰痛を軽く考えている方も多いかと思います。
しかし、何らかの病気が原因で腰痛が引き起こっている可能性もあります。
そこで今回は、腰痛と関係している可能性がある病気をいくつかご紹介していきます。

◻腰痛と関係している可能性がある病気

*腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアという言葉を聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。
腰椎椎間板ヘルニアの腰椎は、腰の背骨を構成しています。
一方で椎間板は、背骨のクッションになる軟骨です。
ヘルニアは体内にある臓器が正常の位置から外れてしまった状態を指しますが、その中でも腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が正常の位置から外れた状態で、脊髄や脊髄からでる神経根を圧迫してしまいます。
症状は、腰痛だけでなく、下半身に痺れや痛みが生じたり、感覚が鈍くなることがあります。

*急性腰痛症

これは、よく耳にするぎっくり腰のことです。
突然痛くなり、徐々に症状がやわらぐことが多いのですが、逆に痛みが強くなったり、発熱したりする場合もあります。

*腰部脊柱管狭窄症

脊髄の通っている空間が狭くなってしまう病気です。
これは、安静時にあまり症状が現れません。
最も特徴的な症状として、背中を伸ばして立ったり歩いた時に足の痺れや痛みを感じ、座って休むと症状がやわらぐことが多いです。

*腰椎すべり症

背骨は、椎骨によって構成されています。
この病気は、椎骨が本来あるべき位置から外れてしまい、脊柱管の神経組織を圧迫してしまう状態のことです。
主な症状は、先ほど紹介した腰部脊柱管狭窄症と同じような症状です。
また腰椎すべり症には、腰椎変性すべり症と、腰椎分離すべり症に分けられます。
腰椎変性すべり症の方が起こりやすく、中年以降の女性に多いと言われています。

*腰部変形性脊椎症

これは主に年をとるにつれて、椎間板や腰椎そのものが変形した状態を指します。
症状は現れにくいのですが、変形がひどくなると、腰痛や足の痛み、痺れといった症状が現れることもあります。

*腎盂腎炎(じんうじんえん)

これは、尿が集まる腎盂(じんう)という場所に、細菌が付いて起こる炎症のことです。
他にも膀胱炎や尿路結石といった泌尿器の病気が原因で、腰痛が起こる可能性があります。

 

□最後に

今回は、腰痛と病気の関係についてご紹介しました。
必ずしも腰痛とこれらの病気が関係しているのではなく、あくまでもその可能性があるということです。
腰痛でお悩みの方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。