腰痛でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
腰痛にも痛みの出る範囲はさまざまで、
「腰痛があるけど、腰の右側だけ痛い・・・」
このように、腰の片側だけ痛みを感じることに悩まれている方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、腰の片側だけ痛い場合の原因についてご紹介していきます。

 

◻片側の腰痛の原因

腰の片側だけ痛みを感じる原因として考えられることを、2つに分けてご紹介します。

*いつも偏った動作をしている

腰の片側だけ痛む原因の1つに、いつも同じ側ばかりに負担をかけてしまうような偏った動作をする習慣・環境があることです。
例えば、仕事で一日の大半を、右に体をねじりながら作業してしまうことなどです。
また、同じ側ばかりに重いカバンをかける習慣があることも、原因の1つになる可能性があるため、注意が必要です。

*骨格の歪み

もう一つの考えられる原因として、骨格が歪んでしまっていることです。
例えば右側に歪んでいれば、いつも左側の筋肉が引っ張られています。
その結果、血流が悪くなり、いつも腰の左側が痛むようになります。
一方で、傾いてしまった腰の右側の筋肉は収縮し、血流が悪くなります。
そのため、腰の右側が、ずっしりとした重い感覚がする日もあります。
このように、骨格の歪みが生じると、結果的に全身の血流が悪くなり、健康被害が出るこにつながりますので、下記で紹介する改善法をお試しください。

 

◻自分でできる改善法

自分でできる片側に起こる腰痛の改善法として、生活習慣を見直すことをおすすめします。

*できるだけ姿勢を正す

正しい姿勢を保つために、日頃から姿勢を正すことを意識して習慣づけることをおすすめします。

*筋肉トレーニングや体操などをして、バランスを整える

筋肉トレーニングや、腰の片側の痛みを和らげるための体操などがありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
しかし、腰の痛みが強い時は、無理に行うことは避けましょう。
他に膝や足首、股関節などに強い痛みが現れた際も、中断しましょう。

*高いヒールや、先の細くなった靴を避ける

歩きづらい靴を長時間履くと、普段のような歩き方ができず、結果として、体の重心が傾き、姿勢やバランスが崩れてしまいます。
高いヒールを履くと、つま先立ちのような状態になってしまいます。
足腰に余計な負担をかけることは、できるだけ避けましょう。

 

◻最後に

今回は、片側だけに痛みが生じる腰痛の原因と、自分でできる改善法についてご紹介しました。
腰の片側だけの痛みに悩まれている方は、この記事を参考にして、対策していただけたら幸いです。