「肩こりが治らなくて困っているけれども、その原因がわからない」
このようにお悩みの方はいませんか?
肩こりは、頭痛やその他の体調不良にもつながってしまいます。
しかし、肩こりを直そうとしてもその原因がわからず困っている方は多くいます。
そこで今回は、肩こりの原因を一覧についてご紹介します。

□肩こりの原因一覧!

肩こりの大きな原因は4つあります。
・長時間同じような体勢でいること
・眼精疲労
・ストレスのある生活をしている
・定期的に運動をしていない
上記の4つに加え、最近では血圧も肩こりを引き起こす原因であるとする話も出てきました。
では、それぞれの原因はどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

*長時間同じような体勢でいること

デスクワークや勉強、事務作業などでずっと机に向かい、座りっぱなしになってしまう時はありませんか?
実はこのような行動が肩こりの原因になっているのです。
特に椅子に座って行う作業は、首をほとんど動かず固定していることが多いです。
長い間このような体勢でいると、頭を支える首や肩の筋肉がこわばり、肩こりにつながるのです。

*眼精疲労

「眼精疲労」という言葉をご存知でしょうか。
眼精疲労とは、長時間に渡って目を酷使して作業する事で、目が痛くなるだけでなく、全身に不調が現れてしまう症状のことです。
このような眼精疲労も、肩こりの原因です。
仕事をしていると、長い間パソコンの画面を見つめることがありますよね。
すると目のピントが同じ位置に固定され続けるため、目の周囲の筋肉が硬くなっていきます。
この目の筋肉の緊張が肩や首筋にも伝わり、肩が凝ります。

*ストレスのある生活をしている

女性によく見られるのが、ストレスが原因となって肩こりが起きているケースです。
日常生活で気分が落ち込んでしまったり、ストレスに感じていたりすることはありませんか?
肩こり改善のためにも、スポーツや趣味を楽しんでストレスを解消してみてください。

*定期的に運動をしていない

定期的に運動をしていないと、筋肉を使う機会が少なくなるため、体全体の血の巡りが悪くなってしまいます。
血の巡りが悪くなっていると養分が体に巡らず、疲れを感じやすくなり肩こりにつながってしまうのです。

*血圧

最近では、高血圧も肩こりと関係しているという話が出ています。
まだ詳しく因果関係が解明されているわけではありませんが、やはり肩こりの原因には血の巡りが大きく関係しているようです。

□まとめ

今回は、肩こりの原因を一覧にしてご紹介しました。
心当たりのある原因はありましたか?
それぞれの原因にはそれぞれの対処法があります。
肩こりを少しでも和らげるため、こまめに体を動かして目を休ませたり、血行を良くしたりすることを意識してみてください。