日々の生活でつらい肩こりに悩まされている方は多いのではないでしょうか。
肩こりを放置して酷くなると、肩の痛みだけでなく頭痛や吐き気といった様々な症状を引き起こす場合もあります。
「この肩こりをどうにかしたい!」
その一心で肩のあたりを押してみたりさすってみたりする方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、このようなマッサージがはたして肩こりに効果的なのか、どのような効果があるのか実際よくわからないですよね。
そこで今回はマッサージが肩こりにどのような効果をもたらすのか説明したいと思います!

□肩こりの原因は筋肉の硬直

基本的な肩こりの症状は筋肉が硬くなることから引き起こされるものが多いです。
筋肉が硬くなることによりうまく動かなくなり、動かすために余計な力を使うことになります。
その結果疲労が蓄積され、肩の重みや痛みといった肩こりの症状が現われるのです。
また、筋肉が硬くなることにより血行が悪くなります。
血液循環は筋肉に必要な酸素を巡らせ、老廃物を流す働きがあります。
そのため血行が悪くなると疲労物質がなかなか排除されず、筋肉の回復に遅れが生じてしまいます。
まさに悪循環ですね…!

*姿勢の悪さが肩こりに影響する

姿勢が悪く猫背になってしまうと頭の重心が前になり、頭を支える首や肩の筋肉に負荷がかかります。
この筋肉への負荷が続くと肩の重みや痛みなどの症状を引き起こします。
この場合、根本的な姿勢を改善しないといくら肩こりを解消しても何度も繰り返してしまうことになります。

□マッサージによって筋肉をほぐそう!

マッサージは手のひらによる摩擦や圧迫により筋肉をほぐし、筋肉の柔軟性を回復させる効果があります。
凝り固まった筋肉がほぐれ、柔軟性が回復したことにより、血液やリンパの流れがよくなります。
血液とリンパの循環がよくなったことで溜まっていた疲労物質や老廃物が流れ、肩こりの解消に繋がるでしょう。

□まとめ

今回はマッサージが肩こりにもたらす効果について説明しました。
しかしここで述べた効果は一時的なものであり、マッサージは身体機能そのものを改善するものではありません。
そのため継続的にマッサージを続ける必要があります。
また慢性的な肩こりの場合は一度病院や整骨院に行くことをおすすめします。
身体の歪みや姿勢の悪さが根本的な原因であるかもしれません。
当院では首や肩の痛み、肩こりへの施術も行っており、多くの改善実績があります。
少しでもお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!