洗濯物を干す、たたむ、料理を作る、食器を洗う、掃除をする。
家事による疲れが原因で肩こりに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

特に専業主婦の方は朝から晩まで一日中家事をしています。
家事をするときの動作は、特に肩や腰を痛めやすいです。
しかし、家事による肩こりはしょうがないことだからといって放置している方もいらっしゃるはずです。
肩こりはしっかりとした対策をとることで改善できることをご存じですか。
そこで今回は、肩こりに悩む皆さんのために、
肩こりの原因やリスク、その改善法についてご紹介していきます。

 

□肩こりの原因とは?

*姿勢

姿勢が悪くて頭を支える首に負担がかかっている場合、ずっと同じ姿勢で作業することによって引き起こされる場合の2つがあります。
特に長時間パソコンで作業をするデスクワークをしていると肩こりに悩む方が多いです。

*眼精疲労

パソコンやスマートフォンのような液晶画面を長時間見続けると目が疲れます。
目の疲れは肩や首にとても影響するので、ひどい肩こりになってしまうのです。

*運動不足

体を動かさないと筋肉が硬直状態になってしまいます。
そのため肩ががちがちになって肩こりを引き起こしてしまうのです。

□放って置くと危険!肩こりによって起こる病気とは?

肩こりは誰でも悩むものだと思ってそのままにしている人は多いはずです。
肩こりは放置しても、肩こりがひどくなるだけだと思っていませんか?
もし肩こりをずっと放置し、更に疲労が蓄積され続けると、他の症状も出てくるのです。

最も多く見られる症状が、頭痛です。
これに加え、不眠、倦怠感、自律神経失調症などを引き起こしてしまいます。

□肩こりの対策方法

*作業中もこまめなストレッチを

同じ姿勢を取り続けないように心がけましょう。
長時間のデスクワークがあるときは、こまめに体を伸ばして肩と首の緊張をほぐすことが効果的です。
気分転換に少し外の空気を吸うのも良いでしょう。

*簡単な運動を取り入れる

日常生活のなかであまり動かさない部分を動かすことで血流を良くし、肩こりも改善されますし、冷え性などにも効果的です。
筋トレといった筋肉に負担をかけるハードな運動ではなく、ウォーキングや室内でのストレッチといった簡単に取り組める、少し体を動かす程度の運動で十分です。
そして肩こりになりにくい体づくりのために継続して運動を行うのが理想です。

*趣味や好きなことを楽しむ

これも気分転換やストレス発散のためです。
肩こりに関係ない、と思った方もいるかと思いますが、肩こりは精神面も影響しやすいのです。
思いっきり自分の趣味を楽しむ時間もつくりましょう。

 

□さいごに

今回は、肩こりの原因や症状、その改善方法についてお伝えしました。
もともと肩が凝りやすい方もいらっしゃいますが、大体の肩こりは対策をとることで少しは改善されます。
できるだけ肩こりを解消してストレスフリーに生活しましょう。
肩こりにお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介した改善方法を実践してみてくださいね。