眼精疲労についてお悩みのことはありませんか。
「原因を知りたい」、「改善方法を知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、原因や改善方法についてご紹介します。

□眼精疲労とは

これは何かを見る際に発生する痛みや視界のかすみ、頭痛、嘔吐、肩こり、まぶしさ、充血などが起こる症状のことを指します。
十分な睡眠をとったにも関わらず、これらの症状が回復しない場合は、眼精疲労の可能性があります。

□原因

眼精疲労の原因は主に3種類に分けられます。

*目の疾患

度が合わない眼鏡を使用していたり、老眼などによって長時間近業作業を行っていたりすることが原因で起こる可能性があります。
また、ドライアイや斜視、白内障、縁内障などによって引き起こされる可能性もあります。

*身体の病気

風邪や虫歯、貧血など、一見眼とは関係ない病気であるように思われますが、これらが原因で眼精疲労を起こすことがあります。

*環境

長時間にわたるコンピュータ作業やエアコンの送風で目が乾燥するなどが原因で引き起こされることがあります。
また、シックハウス症候群も原因の一つと言われているので注意しましょう。

□改善方法

*まばたき

眼を休めることが一番の対処法です。
まばたきは眼のまわり筋肉を使うのでストレッチの効果があり、まばたきすることによって眼の乾燥も防ぎます。
長時間文字や画像を追う作業をする時は1時間に10分程度眼を休めると効果的です。
意識的にまばたきをするだけでも眼精疲労の予防になります。

*遠くを見る

遠くを見ることで眼の緊張を和らげます。
毛様体筋と呼ばれるピントを合わせる筋肉は近くを見るときに緊張し、長く見続けると筋肉が凝り固まり眼精疲労につながります。
この筋肉は遠くを見ることでゆるみ筋肉をリラックスさせるので、近業作業が長時間続く場合は、定期的に遠くを見るようにしましょう。

*眼の体操

少し眼を動かしてあげましょう。
眼を寄せるなどをするだけで、筋肉がほぐれます。
しかし、やりすぎると逆効果なので、適度に行いましょう。

*蒸しタオルやホットアイマスク

これらを使用することで、血行が良くなります。
血行が良くなると筋肉がゆるみ緊張がほぐれ、眼精疲労が緩和されます。

□まとめ

眼精疲労の原因や改善方法について紹介しました。
これらの改善方法だけでなく、鍼灸院や整骨院に通うことで改善できます。
当院では骨格や骨盤を整えることで、血行を改善し、眼精疲労の改善を目指しています。
何かお悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。