産後、下半身太りや腰痛、尿漏れといった身体の不調に悩まされていませんか?
その悩み、骨盤矯正を行うことで改善するかもしれません。
今回は産後のケアとして大事な骨盤矯正におすすめのトレーニングについて説明します。

□なぜ骨盤矯正が必要なの?

女性の身体は出産を通して内臓や姿勢に変化が起こったり、胎児が出てくる際に骨盤が開いたりします。
また、妊娠中に分泌されるリラキシンという女性ホルモンは骨盤を緩める作用があります。
開いた骨盤や動いた内臓は出産後徐々に元の位置に戻ります。
しかし個人差があり、中には産後ずっと身体トラブルが続いてしまう方もいます。
つらい産後の不調、できれば早く改善させたいですよね。
そこで開いた骨盤を正しい位置に戻す骨盤矯正が必要となるのです。

□産後1~2ヵ月におすすめのトレーニング

この時期は産褥期と呼ばれ、基本的に無理せず安静にすることが大切です。
骨盤が安定していないので赤ちゃん以上に重たいものは持たないようにしましょう。
激しい運動は避け、骨盤に負荷がかかるようなトレーニングも厳禁です。
ではどのような骨盤ケアを行うのがよいのでしょうか?

*リフォームインナー

リフォームインナーとは産後不安定になっている骨盤や骨格を支えながら正しい位置にキープし、元の状態に戻ろうとするのをサポートしてくれるグッズです。
出産後の体調不良の予防や防止、たるみの改善にも効果的です。
リフォームインナーには様々な種類があるので、時期や自分の身体の状態に合わせて使用しましょう。

*産褥体操

産褥体操とは産後安静にしておく必要がある時期から始めることができる簡単な運動です。
産後回復しようとしている身体のサポートをし、回復を早める効果があります。
横になった状態でも行うことができることがポイントです。
今後のトレーニングの土台作りのようなものなので無理せずじっくりと取り組みましょう。

□身体が回復してきたら

産褥期を終え、体力が回復してきたらいよいよ骨盤矯正です。
次の2つのポイントがあります。

1. 骨盤や姿勢を支える筋肉を鍛える
出産を通して弱くなった筋肉を鍛えることで骨盤や姿勢の改善に繋がります。
大腰筋や腹横筋といったインナーマッスルを鍛えましょう。
具体的なおすすめのトレーニングはヨガやウォーキングです。
また軽いランニングや水泳も効果的です。

2. 関節の柔軟性を高める
身体の歪みや姿勢の悪さは筋肉に余計な負荷をかけます。
負荷のかかった筋肉は疲労し硬くなってしまいます。
筋肉が硬くなるとバランスが失われます。
左右のバランスが悪いと、どちらか一方が動かしづらくなりまた負荷がかかります。
そのような状態でトレーニングを行っても効果は得られにくいばかりか、左右の差を広げることにもなります。
ストレッチなどで筋肉の柔軟性を高め、関節の可動域を広げることが大切です。
バランスを整えた状態でトレーニングを行うようにしましょう。

□まとめ

産後の正しいケアやトレーニングについて説明しました。
産後はあまり無理せず、安静にすることが一番です。
自分の体調と相談しながら適切なトレーニングを行いましょう。