「出産後は骨盤が正しくない位置になりがちだというけれど、どうやって座るのがいいのかな」
そのようにお悩みの方はいませんか?
出産後の女性の体は非常にデリケートな状態です。
正しくない座り方をしてしまうと、出産で開き、歪んだ骨盤をさらに歪めてしまうことにつながります。
しかし、そうはいってもどのような座り方をすれば良いのかわからず困っている人は多くいます。
そこで今回は、産後の方や、骨盤矯正をしている方におすすめの座り方について詳しくご紹介します。

□骨盤の歪みを放置するとどうなる?

女性の骨盤は、分泌されるホルモンによって出産までに骨盤が徐々に開いていきます。
骨盤が開くことは、無事出産を終えるためには重要なことです。
しかし、産後にこの骨盤の開きを放置しておくと体の不調につながってしまうのです。
肩こりや頭痛、尿もれ、脚の歪みからくる下腹太りなど、女性にとってつらい症状が出てしまうのを予防・緩和するため、骨盤の歪みを直す必要があるのです。

*座り方のポイント

骨盤を歪ませないために意識したいのは、骨盤の向きです。
猫背の状態や、腰が反った状態では骨盤はさらに歪みやすくなってしまいます。
折りたたんだ両足を斜めにする、いわゆる「お姉さん座り」や、両足をぺたんと外に折り曲げるような座り方は避けましょう。
間違った位置に行ってしまった骨盤にはあぐらが一番おすすめです。

□おすすめの座り方

*あぐらをかく時

大切なのは、座骨が立った状態にしておくことです。
座骨とは、お尻の下部にある硬い骨のことです。
この上に座るような感覚であぐらをかくと、うまく骨盤を立てることができます。

*椅子に座る時

椅子に座るときも、あぐらと同様に座骨を意識しましょう。
背筋をまっすぐに保ち、浅く腰掛けたり、腰が後ろや前に傾きすぎたりしないようにするのがポイントです。

*産後専門骨盤矯正のすすめ

座り方を意識することで、骨盤を正しい位置に戻しやすくなります。
それに加えてさらに、産後の骨盤矯正を受けることで、よりスムーズに骨盤の歪みや開きを改善できます。

□まとめ

今回は、産後の骨盤矯正をしている方にも役立つおすすめの座り方についてご紹介しました。
正しい座り方を日ごろからすることで骨盤がさらに歪んでしまうのを防止し、よりスムーズに骨盤矯正できます。
骨盤矯正ができる院をお探しの方はいませんか?
当院では、産後専門の骨盤矯正の施術を受けることができます。
ぜひお気軽にご相談ください。