皆さんの中で、家事やオフィスワークが原因で腰痛や椎間板ヘルニアの症状を感じている方はいらっしゃいませんか?

腰に激痛が走るととてもつらいですよね。
最近は椎間板ヘルニアになる方も多いです。
そこで、今回は、椎間板ヘルニアの原因、検査方法、改善方法についてご紹介します。

 

□椎間板ヘルニアとはいったい何か?

背骨に椎間板というものがあり、これが骨と骨の間のクッションになっています。
椎間板ヘルニアとは、椎間板が本来あるべき場所から飛び出してしまい、神経を圧迫して、腰痛、手首のしびれ、足の痛みのような症状が出る病気です。

 

□椎間板ヘルニアの原因とは?

椎間板への過度の負担、圧迫が主な原因で発症します。
ただ、喫煙や遺伝の場合で発症するケースもあります。
一般的に椎間板は加齢とともに衰えてきます。
ただ、激しい運動や過度の腰への負担、精神的な影響、仕事などで自身の置かれている状況なども椎間板へ大きな影響を与えています。

 

□椎間板ヘルニアの検査方法

検査方法には、理学所見、MRI検査、CT検査などがあります。
それでは、それぞれの検査方法について見ていきましょう。

 

*理学所見

理学的所見とは、腰の痛みによってできた腰の曲がり具合を見ていきます。

*MRI検査

椎間板ヘルニアでは、レントゲン検査だけでは診断が難しいため、MRI検査によって椎間板と神経を映し出して、診断することが必要です。
また、MRI検査をする部位としても椎間板ヘルニアに適していると言えます。

*CT検査

骨の状態を詳しく知るためにはCT検査をしていきます。
万一、他の病気があった可能性がある場合などはCTを行います。

□椎間板ヘルニアを改善をするにはどうしたらよいか?

改善方法は、基本的に保存的治療です。
すぐに改善されるわけではないので、日常生活の中で、過度な運動は控えるなど、状況に応じて症状が和らぐようにしていきます。

最近、鍼灸院や整体院が多くなってきました。
これらの院に通うことで症状の緩和が期待できます。
整体院は、腕の良い整体師のもとで、独自の整体方法で症状を和らげてきます。
鍼灸院は、鍼や灸を使い、熱刺激で症状を緩和していきます。

 

□まとめ

今回は、椎間板ヘルニアについて、その原因、検査方法、改善方法の説明をしていきましたがいかがでしたでしょうか?
椎間板ヘルニアになったら、無理な運動は避け、安静にし、症状をこれ以上悪化させないようにしましょう。
当社では、お客様の健康で丈夫な体作りに最大限サポートさせていただきます。
一度詳しく聞いてみたい方がいましたら、気軽にお問い合わせください。