冷え性についてお悩みのことはありませんか。
「原因って何?」、「改善方法について知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、冷え性の原因や改善方法についてご紹介します。

□原因

人間の体は自律神経の働きによって体温が調整されます。
自律神経とは心臓を動かしたり、呼吸をしたり、内臓の運動させたりする神経であり、この神経が血流を調節して体温を調節するという仕組みです。
そのため、自律神経が乱れてしまうことで、体温調節がうまくいかなくなり、冷え性につながってしまいます。
また、皮膚感覚の乱れや血液循環の悪化が原因で、冷え性になることもあります。
女性の場合、男性に比べて筋肉量も少ないため、発熱や血流量が少なくなってしまい、冷え性になりがちです。
ストレスが原因で自律神経や女性ホルモンが乱れることもあり、血行の悪化を促進させてしまいます。
このように、冷え性の原因は様々です。

□改善方法

*ストレッチ

血行不良によって冷え性が引き起こされます。
そのため、冷えを感じてきたら、ストレッチを行うことで血行を改善しましょう。

*ツボ

ツボを押すことで血行を促進させ、冷えを防ぎます。
冷え性に効くツボは気海、合谷、三陰交、太谿、築賓、臀中、八風、胞肓などがあります。
ただし、食後や飲酒後、サウナ後などはツボ押しは避けましょう。

*バランスのとれた食事

栄養バランスのとれた食事は体の内側から体温を上昇させます。

*タンパク質

食事のエネルギーの8割は熱になるが、胃腸の調子が悪いと熱が上手く作られません。
そのため、胃腸の調子を整えることが、冷え性を改善させます。
また、食事をした時、熱を発生させる栄養素があり、それがタンパク質であります。
タンパク質は運動量が少なくても熱を発生しやすくするので、運動量の少ない女性はタンパク質を十分に摂取することが冷え性改善につながります。

*整骨院・鍼灸院

はり・きゅうよる施術によって自律神経の乱れを調整します。
また、整骨院ではインナーマッスルのトレーニングを行い、代謝を上げることで全身の血流を改善させ冷え性の改善を目指します。
冷え性改善の対策を行っているにも関わらず、改善しない場合は末梢動脈疾患(PAD)の可能性があります。
これは動脈硬化を進行させる危険性もあるので、早めに医師に相談しましょう。

□まとめ

冷え性の原因や改善方法について紹介しました。
冷え性がなかなか改善しない場合は、一度鍼灸院や整骨院に相談することをおすすめします。
当院では、冷え性改善の施術だけでなく産後のケアなども行っています。
何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。