睡眠でお悩みのことはありませんか。
「なぜ寝違えてしまうの?」、「対処法ってあるの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、寝違えてしまうとはどういうことなのか、またその原因や対処法についてご紹介します。

□寝違えとは

よく起床時に「寝違えた」と言いますが、これは首の周囲の筋や腱、筋膜などの筋肉が傷ついて急性炎症を起こしている症状のことを言います。

□寝違えの原因

人間の頭部は本来首の中心の位置にあることが望ましいのですが、睡眠中はずれてしまいます。
首の位置がずれていると無意識に寝返りを打ったり、体勢が苦しいと首に負荷がかからない体勢にしたりします。
しかし、寝返りが打てない、寝ている体勢が悪い、場所が狭いなどによって首の血流が悪くなり阻血状態となってしまい、凝り固まってしまいます。
その状態で、急に筋肉を動かしてしまうと、炎症を起こしてしまいます。
そのため、起床時には注意しないといけません。

□寝違えた時の対処法

炎症を引き起こしているので、湿布が有効的です。
市販の冷湿布などを痛い部分に貼って冷やしましょう。
冷やしすぎると血行が悪くなり逆効果になるので注意しましょう。
反対に、温湿布はより痛みを増加させるので注意してください。
不自然な動きなどをして首に負荷がかかってしまうと悪化するので安静にしましょう。
ツボを押すのも効果的です。
背中にある天宗と呼ばれるツボを押すと痛みが和らぐことがあります。
ボールを当てたり誰かに押してもらったりして筋肉をほぐしましょう。

□予防

*枕

枕は非常に重要です。
自分に合わない枕を使用していると、無理な体勢を維持してしまいます。
そのため、一度使っている寝具を見直してみましょう。
枕自体を代えるまたは、枕を正しい位置に設置するだけで改善されます。

*暖かい環境で睡眠

寒い環境で寝ていると、首回りの血流が悪くなりやすく、筋肉が硬直しやすいです。
そのため、暖かい環境で寝るようにしましょう。

*柔軟

日頃から首や肩の柔軟を行いましょう。
簡単なストレッチやマッサージを行うだけで血行不良を改善できます。

□まとめ

原因や予防、対処法について紹介しました。
長年蓄積した首や肩周辺の筋肉のかたさによって寝違えという症状を引き起こしてしまいます。
そのため、寝違えの再発を防ぐには鍼灸院や整骨院が有効的であるので、ぜひ利用してみてください。
当院では、首や肩、腰、頭痛のケアだけでなく冷え性改善、四十肩、産後のケアなども行っています。
何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。