「最近とにかく肩こりがつらい!」
「原因もよくわからなくて対策もできない」
そのようにお悩みの方はいませんか?
肩こりがあると体がだるくなり、日常生活を送るのに気分が前向きにならず困ってしまいますよね。
しかし、そう思いながらも肩こりへの対策を取れていない方は多くいます。
そこで今回は、肩こりの原因やその対策について、詳しくご紹介します。

□肩こりの原因は何?

*長い間体勢を変えない

ずっと同じ体勢でいた後に、体が固まるような感覚を覚えたことはありませんか?
このような感覚は、肩こりの始まりです。
首や肩がこわばり、肩が凝ってしまうのです。

*姿勢が悪い

猫背になって首が前に出ていると、頭の重さをうまく支えられなくなってしまいます。
人の頭はボーリングのボールほどの重さがあるため、うまく支えられないと首や肩周辺の筋肉に負担がかかり、肩こりにつながってしまいます。

*目が疲れている

同じ画面を見続けたり、小さな文字を追い続けたりしていると目が疲れてしまいますよね。
この時、実は目の周りにある筋肉が固まってしまっているのです。
このような目周辺の筋肉のこわばりも、肩こりにつながります。

*血圧

実は、最近では血圧も肩こりと関係があると言われています。
高血圧と肩こりの因果関係はまだ細かく解明されていませんが、血のめぐりが悪くなることから肩こりに発展するとも考えられています。

□肩こりにはこんな対策がおすすめ!

*こまめに体をほぐす

本来であれば、長い間、同じ姿勢をとること自体を避けるのが肩こりの改善につながります。
しかし、お仕事などで日常的にデスクワークをする人は避けるのが難しいですよね。
そんな人にはストレッチがおすすめです。
肩に力を入れたり抜いたりし、首を回したりするだけでも体がほぐれていきますよ。
この時に休憩ついでに目を休めることで、眼精疲労も改善していきましょう。

*体を温める

血流の悪化は肩こりの原因の一つです。
シャワーのみで入浴を済ませず湯船につかったり、温かいタオルなどで肩を温めたりするとよいでしょう。
リラックスすることで、ストレスの軽減にもつながります。

□まとめ

今回は、肩こりの対策について、その原因から詳しくご紹介しました。
ご自身の肩こりにあてはまる原因はありましたか?
肩こりには、それぞれの原因に合った対策をとることが大切です。
ストレッチをするべきなのか、体を温めるべきなのか、それともほかに対策があるのか。
ぜひご自身の肩こりの原因を見つけ、それに合う対策をとってみてください。